2008年10月31日

ニュー魚探テスト! Vol.3

ん〜この魚探シリーズネタは特に人気が無いようだ(笑)

まあ、ローランスを持ってない人には関係ないネタだし、的を得ていないネタなので仕方ないな(; ̄ー ̄A

でも、書き続けるとしようww

前回までで、エレキの干渉ノイズは消えた!
まあ、消えたと言っても何が決め手となったかは不明だが・・・
せっかくセッティングが出たので、それ以上は突付かない事にした(笑)

で、あと気になるのが「表面ノイズ」!
振動子から出された音波が湖底で反射し戻ってきた音波が水面で反射して起こる現象らしい!?

この表層ノイズに関しては、魚探の設定の中で「Surface Clarity」と言うノイズカットの設定がある!

現在の設定から表層ノイズ設定をOFFにしてみると・・・
【Surface Clarity:Off】
081030_offoff01.jpg
081030_offoff02.jpg
画面の右上に1.6mくらいまで表示しているのが表層ノイズだ!

【Surface Clarity:Low】
081030_lowoff01.jpg
081030_lowoff02.jpg
1.2mくらいまでノイズが消えた!

【Surface Clarity:Medium】
081030_medoff01.jpg
081030_medoff02.jpg
1m以下までノイズは消えた!


これで、表層ノイズは消えたが、この設定にはデメリットもある。
それは、ノイズを魚探側で消去している訳だから、ノイズと同じレベルのベイト等の反応も同時に消されてしまう!
ただ、個人的に使ってみて感じた事は、この魚探は音波が強いのか??バイト以外にも、かなりの量の情報を仕入れてくるようで中層にもノイズが映り込む事がある。
表層ノイズを消した位では、ベイトまで消してしまっているようには思えない・・・まあ、実際には細かいベイトの画像は消えているがw

逆に、個人的には中層の必要以上の情報(ノイズ)も消してしまいたいw

と言う事で、さらに「中層ノイズ」の除去設定もONにしてみると・・・

【Noise Rejection:Low】
081030_medlow01.jpg
081030_medlow02.jpg
ん〜この画像では何も変化が起こらなかった(笑)
前にエレキノイズが映っていた頃は、この設定でノイズをある程度まで消せていた。
まあ、必要以上に中層ノイズが出る場合は、この設定を変えれば良いことは解った!


ノイズ対策は、これで何とかなったと思う!
あとはカラー魚探の画像の映り方を覚えていくとしよう。

「ホワイトバックグラウンド」で映した画像と、某PG店のオリジナル「ウィードモード」で映した画像を見比べてみる!
【White Background】
081030_medlow02.jpg

【User Defined Region】
081030_userdefined01.jpg
081030_userdefined02.jpg
これだけを見ると、ホワイトバックで映っていた魚の画像が、ウィードモードにすると消えてしまっている!?
実際には映っているのだろうが、まったく同じ感度やカラーラインでモードだけ変えると消えてしまうようだ。

では、他のポイントではどう変わるのか??
◆検証画像1
081030_001_1.jpg
081030_001_2.jpg

◆検証画像2
081030_002_1.jpg
081030_002_2.jpg

◆検証画像3
081030_003_1.jpg
081030_003_2.jpg

◆検証画像4
081030_004_1.jpg
081030_004_2.jpg

◆検証画像5
081030_005_1.jpg
081030_005_2.jpg

◆検証画像6
081030_006_1.jpg
081030_006_2.jpg

と、このようにモードを変えると同じ情報を得た画像でも映し出される画像は違う!
もちろん、各モードには特性がある為、どちらが優れていると言う訳ではないが、設定を間違えると見落とす事があると言う事は解った。
ただ、ウィードモードにしておいて、フィッシュアラームが鳴るけど画面には映し出されていない時は、画面に出ていないだけで情報は得ている様だ!
また、ウィードモードでベイトの画像やバスっぽい画像が映し出された時には、かなり強い信号を受けた事になる!

事実、先日の釣行では、午前中はウィードモードで探しており、岬のブレイクラインでベイトの群れを発見し、バスらしい群れも発見できた!
まあ、釣果はライトリグとテキサスで1本ずつではあったが・・・(笑)
午後からは、ホワイトバックにて探してみると、かなりの量のベイトやバスらしき画像、またはノイズも映し出されたため、見慣れるまでに苦労したが、とある岬のブレイクラインで、ベイトとバスらしき群れを発見し、ライトリグで数本捕る事が出来た!

この魚探を使いこなすには、まだまだ見慣れていないので時間は掛かりそうだが、湖底データの記録が出来る為、使い方によっては面白い発見もある。
湖底データも2GBのメモリーカードを使用すれば高画質録画でも100時間以上の記録が可能なようなので、一回の釣行で容量を使い切る事は無いであろう。
まあ、その内飽きて、ただ見てるだけの魚探になるのは時間の問題だが(笑)


個人的な意見で言わせて貰うと・・・
1.GPSはある方が面白い!
2.GPSアンテナは純正品で充分かと!(私が行くエリアならw)
3.振動子も純正で充分かと!

と言う事で、総括!

フル純正モデルで充分使えると思う!
13万も出すんじゃなかったな〜と、少し後悔(; ̄ー ̄A
でも、魚探を見る楽しさがあるので、それはそれでOKとしよう!

次回のテストは・・・振動子のデュアルビームをテストして見たいかな!
このネタ続けるかが問題だなw
posted by TFJ at 00:00| 広島 ☁| Comment(8) | +マイタックル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その魚探、次期候補なんでしっかり勉強しといてください(笑)
アップ楽しみにしてますよ!
Posted by F at 2008年10月30日 22:17
Fさん!
ローランスとイーグルの違いがどれだけあるか解りませんが・・・
個人的にはイーグルの「EAGLE FishElite640C Basic」が良かったかな〜と思っています。
某PG店の現金払いなら、純正振動子に純正GPSアンテナ付きで¥69,800円みたいですね!
当初皆さんが言っていたようにチューニングはいらんかと!身を挺した調査でした(笑)

http://gyotan.com/i_mode/shop/enter.html?target=p_1613.html&lang=ja
Posted by TFJ at 2008年11月01日 00:33
はじめまして^^
今回縁あってTFJさんの書き込みをさせていただいております

私も、現在魚探を検討中の物です
過去にHE5600(10年程前)
イーグル・トライファインダー2(5年前)
使用していました
TFJさんの魚探選びの分析〜大変参考になりました
私も今ローランスにしようと思っています
新たな分析・・楽しみにしています
Posted by mako at 2008年12月14日 02:03
makoさん、はじめまして。
魚探選びをされているですか?
過去に色々な魚探を使われているようですね!?
個人的にはローランスではなくイーグルが欲しかったのですが、価格と予算が折り合わなく・・・しかたなくローランスにしました。

某PG店のチューニング520Cを使用した上で感じた事は、この記事にも書いているように純正モデルで良かったのではないかと思ってます。
以前、イーグルも使われているようですが、イーグルはどうだったんですか?
Posted by TFJ at 2008年12月14日 22:14
私も?釣りも好きなのですが、周りに取り巻くパーツイジリが大好きなのです

項目で言うと・・
1.デッキ加工
今までに載って来たボート
クイント11f
スティール12f
シーニーフ12f
ジョン12f
パント12f
現在ジャビル386です(スティール以外は中古です)
2.エレキシャフトカット(ミンコタ・モーター)
3.ボート板金
などしてきました

今回私もTFJさんと同じ壁?(魚探)選びに悩んでます

イーグルですが
私も?PGで購入しています
購入に至ったのは、当時ホンデックスが支流の世界!個人的に周りと違った物が使いたかったので、広告・噂を聞きつけPG店にたどり着けて
HE5600からステップアップをと相談した所
HE5600の能力をはるかに上回り・解像度・ビーム角度150度・魚を探すことに優れているなど・・進められ言われるがまま買いました
当時としては無い機能なのか、面白い機能として
魚の位置がすべて表示?
右・下・左と表示され、水深・大きさ(3パターン)が出来るタイプでしたので人間のモチベーション的には最高でしたかね
ただ釣れると言うことには・・ね↓↓
+PGが出す最強セッティングマニュアル取説付き

その頃から聞いていたのは、イーグルとローランスは姉妹メーカーで機能量の違い
コネクター・同等品での画面サイズ違いなどがあり
今となっては、予算に余裕があるのであれば絶対ローランスでしょうね!!
プロなどの支持率も数年前とは違いますよね?

私の知る知識では総合能力と200kではローランスが圧倒的で
ピンで知りたい場合時のみHE5630かHE5700の400k
との兼用がイイそうですよ
TFJさんは5500をお持ちですよね?
私はありありだと思いますよ(余裕があればサブにHEの400kが欲しいです)
5500に400k振動子を付け
メインにローランス サブにリョウビ使われると最強だと思います
聞く話では5630・5700よりも5500が何かは教えてもらえませんでしたが優れている所があるそうですよ。
誰かトライファインダー2買ってくれる方はいませんかね?(すみません予算稼ぎしたいばかりに・・・)
今の思いとしては、がんばって27Cをと思っています^^
Posted by mako at 2008年12月15日 01:03
makoさん、アルミは6艇目なんですか?
それだけのデッキ加工をされて来られたならベテランさんなんですね〜すごいッス(≧∇≦)b
しかもボート板金まで!!((((゜Д゜;))))
私は、現在のスティール11ftで2艇目で、これで終わると思われますw

魚探についてですが・・・逆に勉強になります。
結局、全ての機種を使い比べてみないと使い易さは解らないかも知れませんね!?
私は、5500が始めて購入した魚探で、今回が2台目になり、カラー魚探が欲しかった・・・と言う理由から探し始め、予算的なこともあり520Cに辿り着きました。
5500は、知り合いに欲しい人が要るので譲る予定なんです!
個人的に魚探の使い方が、水深と温度計くらいしか解らないので(笑)

ちなみに、この先、魚探ネタは出てこないかと・・・(^-^ゞ
ドクタ○デプス?なる3D解析ソフトが気になりますが・・・値段が高いのと、使い切れないと思われるので保留中です。

27Cを買われたら、ローランスの使い方を教えて下さいねw
Posted by TFJ at 2008年12月15日 20:39
6艇乗り継ぐ予定は無かったのですが・・
たまたま話が入り安く手に入っただけです
デッキ加工代が痛かったですが><

私も魚探にはさほど詳しくは無いですよ
ただ調べるのが大好きですよ

魚探に携わるプロショップさん達が口を揃えて言われるのが説明書はお知らせで
上達は経験がすべてといわれます
実際私も釣行回数は極めて少なく年に・・の世界です
全盛期では月に4〜6回はボートの上にいたのですが(懐かしいです><)

私も魚探ネタ楽しみにしていますので、よろしくお願いします
自室カラー・GPS・SD・多彩能力は未経験ですので!!

私も年内中に出てくれるであろうボーを楽しみに・・
購入しましたら勉強会しましょう^^


あと6/28に書き込まれていたパワードームの件
もうあの値段ではないですよね
ってパゴスさんですよね(イニシャルトーク苦手で)
Posted by mako at 2008年12月16日 00:57
この520Cは、購入して良かったと思っています。
どこまで性能を引き出せるか解りませんが、今後も気付いた点や試した結果などでネタになりそうなものがあれば書きますね。

パワードームの件ですが、そうですね!パゴスです。
中古屋さんは、ふらっと立寄ると、たまに掘出し物があるので楽しいですね!
かなり前ですが、ツインチャージャーを3000円でゲットできたりと・・・ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!
Posted by TFJ at 2008年12月16日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。