2010年07月06日

VF107をカスタム!***序章***

昨年、SGOさんと釣行でフローターバッシングを体験した。

その時は、SGOさんのO型を借りて浮かんだ・・・が、釣果はノーバイトと無残にも散った。。。

そして、SGOさんに来年もう一度リベンジしに連れて来て欲しいとお願いした。

そもそも、SGOさんとの出会いは15年くらい前に、とある釣具屋の大会で某大会が中止になった帰りに手伝いで来られていて・・・
その時の大会に一緒に出ていたMATUさんに紹介されて出会ったのが初めてだった。

その頃からオリジナルスピナーベイトを作製していたTFJは、たまたまSGOさんに興味を持ってもらい、オリジナルのテスターのような形で使用してもらう事があった。

時は経ち・・・SGOさんが諸事情でボートを降りバス釣りから遠のき・・・疎遠になっていた。

しかし、自分の転職がきっかけで、案外近い職種になり、またあるロッドがきっかけで話す機会が増えた。
そのあるロッドとは「A6201X:盟撃」で、当初は限定販売のため予約しても手に入らないかも・・・と言う話しだった。
そこで、SGOさんと「駄目元で注文してみよう!」と言う事になり、SGOさんは「A6201X:盟撃」を、そしてTFJは「A6604X:ブロンクス」を注文した。

そして発売日から数日たったある日、注文した今は無き某C店から「盟撃が入ったよ。」と連絡があった。
その事を伝えると、SGOさんは焦った・・・まさか来るとは思っていなかったようで(笑)
超高級ロッドとも言える価格・・・

代行で購入したTFJが、SGOさんと深夜のファミレスの駐車場で取引・・・
そして、遂にSGOさんが盟撃を手にする日が来た。

これがきっかけで、SGOさんが10年振りくらいに釣りに行きたくなる衝動に駆られる(笑)
こう言う思いにさせてくれるアイテムって大事だと思う。
そして、ついに昨年の5月・・・某ダムのナイトバッシングでSGOさんが久々にバスを触る事になった。
一度抜け出し掛けた沼地にまた落ちたような感じだろうか!?
その沼地は底なし沼である事に間違いない(笑)
一度身体で覚えた感覚は忘れる事が無く・・・その証拠に、沼地から抜け出しかけたと言いながらも、気になるルアーを購入してみたりしていた10年間w

そして、今年・・・SGOさんは遂に単独でフローターを浮かべる事になる。

それに触発されたTFJ・・・

***大ちゃんの釣りに行って来たでゴザル2010年後期より***

昨年9月にSGOさんの所有するフローターを借りて、SGOさんと一緒に釣りに出掛けた。
それが人生初のフローターバッシングだった。
その釣行では1匹も釣れずフローターの世界を体験したが、醍醐味を体験するまでには至らなかった。
そして今年6月・・・某釣具店の店先にU型フローターを50%OFFで売っているのを発見し、SGOさんに「これどうなんですか?」と聞いたのがきっかけで・・・
それから、妙にフローターの事が気になり、あれやこれや調べていく内にフローターの世界観に再び触れた。
結局、その店先に置いてあったフローターを購入するまでには至らなかったが・・・
「欲しい」と思うと、金を工面して手に入れたがる性分に火が付き・・・ついに購入してしまった(笑)

そして、使っても無いうちから、フローターバサーのブログ記事を読み漁り、使い勝手が良いカスタムなどを調べだした。
フローターにエレキを付ける人も多く、中には2馬力のエンジンを付けている人も居たΣ( ̄□ ̄;)!!
自分が求めるフローターバッシングは、そういう路線ではないためスルー

TFJ的に求めるフローターバッシングとは、「近代的な機器から離れ、自然と調和しながらバスと対話できるような時間を作りたい。」と考える。
まあ、それらしいことを書いたが、ようは最近の釣れてない自分の現実逃避の道を切り開いたと言うほうが正しいかもしれない(爆)

アルミボートは10年近く所有しているが年間使用回数が少ないw
それは、手元にボートが無いため準備するのが億劫な事が理由のひとつに上げられる。
ゴムボート時代には、若さもあったが、毎週2回出撃とか当たり前に行ってた・・・まあ、手元にあったとしても今では無理だがw

「ポチっとな」と注文し・・・
なんと、翌日には届いた(驚)


広げて組み立てて・・・すぐさまカスタムを考え始める。。。


*********************************

この度購入したフローターが、プラスゲインから販売されている「VF107」だ。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/plus-d/p00793.html

100626_001.jpg
100626_002.jpg

俗に言うV型で、PVCボディーでアウターカバーとインナーチューブに別れていないタイプだ。
某釣具店の店先で見たU型も、アウターが無いボート素材の物だった。
このアウターカバーが無いタイプは、ブッシュなどからチューブを守る点では若干弱いが、準備や片づけが楽になると言う。
チューブ自体も強度があるようで、それなりに安心して使えるようだ。
また、万一の時を考えて、本体が2基室と、座っているイス自体も浮力帯になり3基室構成と言う事だ。

他にフローターに必要な物は、ライフジャケット、ウェーダー、フィン(足ヒレ)などがある。
ライフジャケットと、ウェーダーは、数年前にウェーディングをしようと言う企画で安い物ではあるが購入している。
(ウェーダーが3500円程度、ライジェケは中古で3000円程度だった)

残るは、フィン(足ヒレ)をどうするか・・・?

SGOさんに相談してみると、SGOさんは特殊な軍事用で開発された?フィンを使用しているらしい。
さすがに、いきなりそこまでは凝れないので、色々ネットで使っている人の記事を読んでいると、某有名メーカーのフィンが専用設計らしいが壊れやすいとも書いてあった。
壊れるなら、直せば良い・・・そういう事は得意だw
とは思ったが、わざわざ壊れるのが解っていて購入するのもなんだな・・・と・・・

少し考えを変えてみると、フィン自体はフローターで使用するよりも別の用途で使う事が多い!
たとえば、スキューバーなどだ!
そう思うと、調べる幅が広がる!
そして行き着いた先は、シュノーケリングで使用するフィン!
このフィンが、大き過ぎず丁度良いのではないかと思った。
フィンが大きいと、浮かんでいる時の一回の漕ぎで水を蹴り出す量が多いので、進むのは早くなる!
その反面、抵抗が大きくなるため疲れやすくなる。
また、フィンが大きいとエントリー時(フローターに乗り込む時)や、陸上で歩く時に歩き難くなる。

SGOさんに相談すると、「誰かと競争する訳ではないのだから、そのフィンくらいが良いと思う」と良い返事が返ってきた。
であれば・・・近くのスポーツ用品店に行ってみよう!
するとパワ○ズで、ネットで見ていた品と同じ物が1800円で売っていた。
ナイス(≧▽≦)b

格安で手に入れたフィンがこれだ。
100626_003.jpg

これに一工夫・・・
フィンセイバーと呼ばれる物があって、浮いている時に万一フィンが取れた場合、湖底に沈んでしまうと・・・Σ( ̄□ ̄;)!!
フローターは、フィン無しでは、まったくと言って良いほど進まないらしい・・・
専用の物を買えば、1000円程度なんだが・・・
100626_004.jpg
100円均一にあるネックストラップで代用(笑)

フィンを少し加工して取り付けて・・・
100626_005.jpg
これで、万一の時も安心だ!

次回は・・・フローター本体のカスタマイズ!へ続くw
posted by TFJ at 22:50| 広島 ☁| Comment(2) |  └ カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的にはドリンクホルダーとロッドホルダーが欲しいです(笑)
Posted by ちゃっぴー at 2010年07月07日 20:10
ちゃっぴーさん>
そのご希望には次回更新でご期待にお応えしましょう!(笑)
てか、日記を見たら解りますがw
Posted by TFJ at 2010年07月07日 21:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。