2010年07月11日

VF107をカスタム!***其の弐***

前回は、購入の事を書いたが、今回はカスタムの本編と言う事で少々書きたいと思う。
まあ、基本的に興味がない人が多いだろうからスルーの方向でw

100626_001.jpg
これが今回購入したVF107と言うV型フローターだ。
どこぞのフローターに良く似ているなぁ・・・値段がぜんぜん違うがw

このフローターが届いた夜に、一通り組み立ててみるが・・・
某P店の取扱説明書は、とても不親切で・・・組み立て方などは一切書いてないw
「部品を見たら簡単に解るだろう!」と思ったが・・・
基本的な形は解っているので苦労せず組み立てていくが、ベルト類に悩んだ。
「このベルトは何をするベルトだ??」
「ここと、ここを繋げれば・・・なぜこんなに長い必要があるの??」
結局、その不明なベルトの余った部分の処理に困り、必要無いとぶち切ってやった(笑)

そして組み立て終わったフローターに座ってみる。

座席後方の空間はとても広く、バッカンがすっぽりと収まるみたいだ。
バッカンへ「カッパ」「補修道具」「空気注ぎ」「弁当」「その他のタックル」などを置く事を想定し、サイドポケットに、ルアーやワームを入れたボックスを入れようと考えた。
しかし、このサイドポケットが案外邪魔だった(笑)
両サイドに付いていると収納は多くて便利そうだが腕が自由に振れない・・・

そして、ロッドホルダーになるマジックテープ・・・
フローターではこの形が基本となっているが、昨年、SGOさんから借りて浮いたO型で使用してみたら少々使い難かった。
見える所にロッドがあるのは安心なんだが、横になっているとティップが心配だったりする。
ロッドホルダーに関しては、フローターを探している時から良い物無いかと探していた。
すると、
ZephyrBoat(ゼファーボート) Zフローターロッドホルダー(筒型)
ZephyrBoat(ゼファーボート) Zフローターロッドホルダー(筒型)






こんな物が売っていた。
フローターに乗っている人の記事を見ても、これを使用している人は多いようだ。
ただ気になる点が・・・フローターのチューブに括り付けるタイプなので、どうしてもロッドのグリップ部が水に浸かってしまう。
半日とか一日ではブリップの内部まで浸透する物ではないのかもしれないが・・・水の中へ漬けておくのは嫌だったので却下w

そういう事で、サイドポケットを外し、そのスペースを利用してタックルボックスを取り付けようと考えた!
そして、ロッドホルダーも搭載しようと!

******************************
******************************
******** HIJIKAKE BOX Ver.1 *********
******************************
******************************


100703_001.jpg
水道管で使われる塩ビパイプでフレームを組み立てた。

100703_002.jpg
サイドポケット用にマジックテープが付いているので、それを利用しようとフレームにベルトを付けて、ベルトの下面にマジックテープを縫い付ける。

100703_003.jpg
タックルボックスを置いたら、こんな感じに・・・

100703_004.jpg
タックルボックスには、バーサスのVS−7020を購入した。

100703_005.jpg
2段の棚と底の広い空間で出来ている。

100703_006.jpg
ちょいとリングを付けて加工。

100703_007.jpg
サイドポケットを付ける位置に・・・

100703_008.jpg
フレームを置いて、マジックテープを貼り付ける。

100703_009.jpg
タックルボックスに付けたリングをフレームの爪に引っ掛ける。

100703_010.jpg100703_011.jpg
タックルボックスの取っ手に、フローターと固定するためベルトを通して締める。

100703_012.jpg100703_013.jpg
フレーム後部もフローターと固定するためベルトを通して締める。

100703_014.jpg100703_015.jpg
フロント部はホームセンターで買った荷造り用?のゴムバンドをチューブを一周させて止める。

100703_016.jpg
取り付け完了!

100703_017.jpg
タックルボックスを開くと、こんな感じ!
グラつきは無く片手で操作可能!

100703_020.jpg
ロッドホルダーは2本まで立てる事ができる。
マイルールで、フローターは2本に絞ると決めた。
チューブの上にロッドを立てて置いているので、グリップが水に浸かる事はない。
しかし、自分の左前にロッドが立っているので、邪魔になる可能性がある。
また、オーバーハング下に入る時など高さ制限があるポイントなどではロッドが邪魔になる。

そんな時は・・・
100703_019.jpg
ロッドホルダーごと後ろに倒せれるように設計!

実際にロッドを挿して倒してみると、こんな感じ!
100703_018.jpg
ロッドが滑り落ちるのが怖いため、各ロッドホルダーに落下防止用のセイバーも用意した!

このHIJIKAKE BOXを取り付けた仕様で、推進式で浮いてみたが、なかなか良い感じだった(≧▽≦)b
強いて言えば、ドリンクホルダーと、一時的にルアーを置くトレイがあれば言う事なし!

と、思うならカスタムしろ!って事で・・・

******************************
******************************
******** HIJIKAKE BOX Ver.2 *********
******************************
******************************


100710_001.jpg
フレームを少し延長して、その間に百均で購入したトレイを取り付け!
このトレイがドリンクホルダー兼一時トレイになる!

使用してみたら・・・
100710_002.jpg
四角い紙パックのドリンクでも置けるのでナイス!

今回は、色と耐久性から『HIVP(耐衝撃性塩ビパイプ)』と呼ばれる衝撃に強い黒い塩ビパイプを使用したので少々高価になったw
こだわりが無ければ、この手の塩ビパイプで組めば自分の好きな形で、好きな大きさのタックルボックスを付ける事が出来る。
あとは、フローターへの固定方法を考えれば良い。

最終的に位置出しが出来たら
ジョイクラフト(JOYCRAFT) オールストッパー(角型)
ジョイクラフト(JOYCRAFT) オールストッパー(角型)






こんな物や・・・
ZephyrBoat(ゼファーボート) マルチアダプター
ZephyrBoat(ゼファーボート) マルチアダプター






こんな物などを貼り付けて、固定する方法を簡素化することも可能だ!

ちなみに、やはり右側のサイドポケットは無い方が良さそうだったw
次は後方スパースを有効に使う様に考えたい。
まあ、しばらくは何が必要なのか・・・と、必要最小限に荷物をまとめる事かな。
posted by TFJ at 23:10| 広島 ☔| Comment(2) |  └ カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参りました!
ここまで変態だったとは!?

 ↑ ↑ ワタシ的は最高の褒め言葉ですので(笑)
Posted by まさやん at 2010年07月12日 00:29
まさやんさん>
ええ、かなりの変態ぶりですねw
釣る事よりも、こんな改造とかばかり考えているんでww
だから釣果が乏しいんでしょうね・・・

まあ、せっかくの釣りが出来る時間をいかに有意義に過ごすか・・・と言う事ですかねw
釣れれば尚嬉しい!
Posted by TFJ at 2010年07月12日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。