2011年04月16日

DEEP SHAKER

今年2月・・・シェイカーさんから依頼され作製したDEEP SHAKER(以下DSと略)のプロトタイプを作製し、修行系の秘境へテストに行った。

しかし、水温3度と言う事態・・・そんな中、スピナベを投げまくったが、もちろん撃沈・・・(−人−)チーン

まあ、収穫としては、想像以上にプロトタイプの出来が良く、クライアントのシェイカーさんも納得できる品となった。

シェイカーさんは、そのプロトタイプをその後の釣行でも投げまくって釣果に繋げられている!!

と言う事で、カラーリングを施してみた!

110416_03.jpg
110416_02.jpg
春のスポーニングバスを意識して??赤っぽさを出してみたw

DSプロトタイプと並べてみると・・・
110416_04.jpg
左:プロトタイプ  右:カラーリングバージョン

110416_05.jpg
自分用に仕上げた2品!
スタンダードモデルとカスタムモデル

110416_06.jpg
3D HydroBladeとスキッドスカート(先端カット)を装着!

さて、このDSで今年のバスを狙うぞ!!


他にも・・・
110416_01.jpg
SGOさん用に作製したSuper Monkey BA・NANA(SGOスペシャル)もカラーリング終了!

Kさんの依頼品は現在カラーリング中!
GWまでには完成させねば(>_<)

追伸・・・
カラーリング完了!
110420_03.jpg
Spin Fairy10個とMonky BA・NANA10個
110420_02.jpg
110420_01.jpg
カラーリングに関しては、特に考えて行っていないのが現実だw
個人的には、ヘッドカラーは明暗などはあるとしても、細かい色彩は関係無いと思っている。
だから、下地を塗ってから、その時の気分で・・・勢いでカラーリングしていく。
なんだか纏まりの無いカラーになる事も多々あるが・・・
それはそれでヨシとするww
魚から見れば、それが餌っぽく見えるかもしれないし、リアルだと思ってるカラーが魚から見たら特に興味ないかもしれない。(屁理屈だなw)
まあ、プロトタイプの時はカラーリングしてないが普通に釣れるから関係ないと思っているのだ。
極端に言えばカラーは人間を魅了するファクターだw
重要なのは、振動とかフラッシングとか速さではないだろうか?
でも、一応頑張ってリアルぽくカラーリングしてるものもある^^;
カラーリングが下手な良い訳でした(爆)
posted by TFJ at 21:21| 広島 ☁| Comment(0) |  └ ルアー作製 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。