2012年02月15日

TSUNO・HEAD

さて、ブログを再開したタイミングで、TFJ工房らしいネタを一つ・・・

昨年1年を通してアジングをやって来たのだが、その中で体感し体得した数パターンの釣れ方!
その中でも、ウエイト別での釣果の差!
たった0.2g程度でも、喰い方に大きく差が出る事があった。

それも、今までは小アジのショートバイトだと思っていたアタリが、ウエイトを変える事によって喰い込ます事が出来、釣り上げてみると23cmとかの良型だったりした事もあった。

元々1.0gを中心に、0.5g〜1.5gまでを0.5g刻みで使用していたジグヘッドが、その体験により、0.2g〜1.5gまでを、0.3〜0.2g刻みでジグヘッドのウエイトを準備して釣るようになった。

そして、自分なりの理論が少し固まってきたので、それを形に・・・

11月の記事で「TFJ Orijinal Jig Head」と題して書いた記事・・・

この中で、作った『peck jig(仮)』の使い勝手が良くて、これを素に幅を広げていく事にした。

この11月の時点では、1.0gと1.5gの2種類だけを作っていたのだが、さらに細分化し、0.7gと1.3gを追加して4種類にしてみた。

0.5gに関しては、この重量になるとヘッド形状と言うよりも、フォール速度のみを考えれば良いと思うので、オリジナルの中には加えなかった。

フックは、今まで愛用していたジグヘッド『ヤリエ:メバリー速掛け』のフックを使用!
ヤリエ メバリー速掛け
ヤリエ メバリー速掛け







TSUNO_HEAD_01.jpg
TSUNO_HEAD_02.jpg
『peck jig』改め・・・『TSUNO・HEAD(角ヘッド)』と命名された!

TSUNO_HEAD_03.jpg
TSUNO・HEAD(白):0.7g

TSUNO_HEAD_04.jpg
TSUNO・HEAD(黄):1.0g

TSUNO_HEAD_05.jpg
TSUNO・HEAD(橙):1.3g

TSUNO_HEAD_06.jpg
TSUNO・HEAD(青):1.5g

個人的に・・・人との釣果よりも、いかに自分のスタイルで釣ったか!?が重要である!
このジグヘッド作製は、自分のモチベーション維持と自分の引き出しを増やす要素にも繋がると思い作ってみた。
要はフォール速度が重要なため、ジグヘッドなんて何でも良いと言ってしまえば何でも良いと思う。
何でも良いのであれば、自分が作った物でも良いのではないか!?と言うのが切欠だw
こだわりと言えば、自分が使ってきた中で、手に入り易く、鋭く、頑丈でフッキングが良いのでは!?と思ったフックが、ヤリエのフックだった事と・・・
いままでもワームキーパーに、スレッドを巻いて使用していたのだが、オリジナルはスレッドの色を変えて重さが解りやすいようにしてみた。
このオリジナルと、さらに軽いジグヘッドの0.2gと0.5gは、メバリー速掛けを使用して、今年のアジングは楽しもうと思う!
posted by TFJ at 22:55| 広島 ☁| Comment(0) |  └ アジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。