2014年08月01日

タックルボックス

■タックルボックス(TFJ工房カスタム)
 PLANO 1312 FIELD BOX
 + TFJ製ロッドスタンド
タックルボックス (0).jpg

釣り仲間の中で少しブームになったタックルボックスがあった。
みんなが次々とそのボックスを買う中で、一部の人から「ロッドホルダーの内部にキズ防止の加工をしてくれ」と加工依頼があり、そのボックスを間近で見る事になった。
個人的には、自分のアジングのスタイルでタックルボックスを持つ事はない。
軽装で機動力やテトラなどの移動時に手を空ける事から考えると、クーラーボックスを持って行く以上、これ以上手で持つ物は増やしたくない。
だから仲間内でタックルボックスが流行っても興味がなかった。
しかし、手に取ってみると、なんだかカッコいい(笑)
実用性はないとしても、「なんかいいな〜」と思ってしまった。
みんなと同じ物を買っても仕方ない・・・自分なりに、TFJ的に考えるなら・・・
ウズウズしてしまい・・・とうとう想像し始めたw

想像を創造する!
それが『THE FORCE JAPAN』だ(笑)

ついに始動したタックルボックス作製計画!
色々試行錯誤して出来上がったのがこれだ!

タックルボックス (1).jpg
作製したパーツはこんな感じ!
これを組み立てていくと・・・

タックルボックス (3).jpg
タックルボックス (2).jpg

ロッドホルダー部は取り外し可能な事と一緒に、グリップエンドの長さによってホルダー部を上下に最長30mm移動可能にしてみた。
タックルボックス (4).jpg
タックルボックス (5).jpg

ボックスに取り付けてみるとこんな感じに!

タックルボックス (6).jpg
タックルボックス (7).jpg
タックルボックス (8).jpg

ロッドを立ててみると・・・

タックルボックス (10).jpg
タックルボックス (11).jpg
HSR-73は、グリップエンドが長いためスライドさせて調整!

内部は、ワームケースやらジグヘッドケースなどがズレて入れ難くなったり、ガタつき防止も意味を込めて仕切り板を設置。
タックルボックス (9).jpg
ケースが7箱と、予備ジグヘッドケースやガルプボックスなどが入る。

タックルボックス (12).jpg
タックルボックス (13).jpg
蓋は、足を立てる事で作業テーブルにもなる。
また、ウレタンを埋め込んで、ジグヘッドの一時保管する所を作製。
中央のプラケースはマグネットで固定されており簡単に奪着ができる。
プラケースには、スナップなどの小物を入れると、マグネットに吸着されて扱いやすいだろう。

タックルボックス (16).jpg
十何年振りかに電子工作もやってみた。
LEDライトを作製し、隙間を利用して取り付けた。

************************************
とまあ、ほとんどがパクリな訳だが(笑)
まあ、自分なりに作ってみるとこんな感じかな!?
やっぱり買った物の方がカッコイイのは当然の事だろうw
ちなみに、試作とか失敗とか使わなかった部品やら作製時間を考えると売り物を買う方が断然安い(笑)
まあ、作るのが楽しいTFJならではのタックルボックスだ!
このボックスがフィールドに持ち出される事はないだろう・・・車の中の一時保管ボックスになるのは間違いない(笑)
posted by TFJ at 00:00| 広島 🌁| Comment(0) | +マイタックル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。