2015年01月26日

ライトゲーム用カスタムクーラーボックス

ここの所、工房への依頼物が多くて釣りに行けてない(笑)

まあ、この時期は、下手くそな自分では釣れないことが目に見えてるので、だいたいこの時期に纏めて工作をやることが多い!
そんな依頼物の中の一つが完成したので、久々にブログアップすることにした。

作製した物はというと・・・

『ライトゲーム用カスタムクーラーボックス』

依頼主は、バス釣り時代にTFJ製のスピナベ・バズベイトの愛好家だったスパイクさん!
いまはスパイクさんもソルトばかりのようで、接点があるようで少なかった。
しかし、とある事でスパイクさんから作製物の依頼があり、久々に会って色々と話した。
その作製物は難なくこなしたのだが、その時に話しになったクーラーボックスの話し。

今回は、スパイクさんの依頼のクーラーボックスを作製することになった。
クーラーボックスは、スパイクさんが持込みということで、年明けにスパイクさんからクーラーボックスを受け取った。
150126_001.jpg
『DAIWA SU800X:8L』と『S300X:3L』

話には聞いていたので、物が届くまでにイメージは膨らましていた。

150126_002.jpg
こんな感じの配置かな・・・と並べてみる。

作る上で、自分の工房では精密に切ったり曲げたりが出来ないため、イメージ図は描けても、寸法出しをして、そのまま切って作製することは無理なのだ。
だが、大体の寸法を出すためにイメージ図を描いてみる。
150126_003.jpg

これを元に、原寸合わせで作成して行くのだが・・・
まずは部材の購入!
近所にあるホームセンター3件をハシゴしてイメージに合いそうな物を買い揃える。
例えば6ミリしか使わない物でも、1m物しかなければそれを買うしか無い・・・
行き詰まったらホームセンターを徘徊して使えそうな物を物色して取り付けてみる!
trial and error・・・
まさしく試行錯誤というやつだ!
ただ、このイメージを具現化する時に独特の高揚感というか楽しさがある(笑)

そうやって失敗を繰り返しなが作っていくこと3個目でやっと形になってきた!!

150126_005.jpg
150126_006.jpg
150126_004.jpg

仮付けで止めてイメージをトレースする・・・

150126_007.jpg
150126_008.jpg

いい感じで進んでいる!!

ここから細かい部分や外装を作り、仕上げに入る!

150126_010.jpg
150126_011.jpg
150126_014.jpg
150126_015.jpg
150126_012.jpg

今回一番拘って凝った部分が、引き出しのギミック!
前回、自分のクーラーボックスに『フロントボックス』を作ってみたが、今回のクーラーは前面と後面に真空パネルが入っているため、容易に穴を開けたりネジを打ち込めない。
だから、サイドクーラーを取り付ける話を聞いた時に、今回はサンドボックスにしようと考えた。
しかし、どうやって中身を取り出すのか!?
蓋のロックは??
色々悩ましい事が多い部分ではあったが、安価でシンプルに、そして機能的に・・・と考えて・・・
内部にレールを設置し、引き出し式にした!!
レールを敷くことで、引き出しを暴れさせない様にし、引き出しも完全に引き出せてしまうと、釣り場で引き出した時に引き出しが取れて中身が海に落ちた・・・と言う事がないようにストッパーで完全には引き出せないようにした。
そして、一番悩んだのが引き出しのロック機構!

パッチン錠や回転ノブなどの手段もあったが、今回採用したのは、超安価なローラーキャッチ!!
150126_013.jpg
押し込んで、固定させる方法!
完全に固定される訳ではないが、引き出し自体がボックスの中でキツキツなので、そこまで動くこともないだろうと思う。

サイドクーラー側は、余った部材で依頼にはなかったがフィッシュグリップのホルダーを設置。
150126_016.jpg
150126_017.jpg
もちろん洗うときには取り外し式!
150126_033.jpg
フィッシュグリップの固定を、今回はマグネットで固定!

裏面には、キャプチャーネットを使用するという事なので、キャッチャーを2個設置してみた。
150126_035.jpg

サイドクーラーとサンドボックスは、取り外し可能に設計!
150126_018.jpg
150126_019.jpg
150126_034.jpg
最初はスライド固定が硬いが、その内甘くなってくるとスカスカになるだろうと・・・
もし釣り場で外れたら・・・と言うことも考えて、脱落防止のネジを設置!

こうして完成した『ライトゲーム用カスタムクーラーボックス』はこれだ!!

150126_020.jpg
150126_023.jpg
150126_022.jpg

■引き出し
150126_021.jpg

150126_024.jpg
150126_030.jpg
ここには、最大で明邦の「ランガンケースW」が、ギリギリ入る寸法になっている。

その他に、「明邦:スリットフォームケース Fシリーズ」や「リングスター:DM-750」だと2個入る。
150126_026.jpg
150126_027.jpg
150126_028.jpg
150126_029.jpg

■ロッドホルダー
150126_031.jpg
3本タックルを立てることが出来、リールのハンドルが干渉しないように90度向きを変えることで、狭い間隔でも3本立てを実現!

150126_032.jpg
リールフットから地上までは230mmに設計!
リアグリップが230mmまでであれば、地面に突くことも無い。(オプションで伸ばすことも可能)

カスタムクラーボックス全体の重量が約4kgくらいだろうか!?
タックル、引き出しの中身、食料品、氷や海水や釣った魚・・・
帰る時には10キロは超えてるかも!?

スパイクさん!修理・クレーム,改良点,追加工事などあれば遠慮無く言って下さい!
そして、このクーラーボックスが活躍することを祈ってます!!
posted by TFJ at 10:42| 広島 ☔| Comment(0) |  └ カスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。