2015年11月08日

裏メニュー リメイクロッド

ロッドビルドを始めて少しした頃、釣り仲間のつっきーが、「アジングを始めた時に使っていたロッドのブランクを再利用してリメイク出来るのか?」と聞いてきた。
リメイクはやった事はないが、基本的にはロッドビルドと同じなので、ロッドを分解する事が出来れば可能だと思った。
ただ、つっきーが初期に使っていたロッドは、販売価格でも4000円程度のロッドだが、それにいくらかけてリメイクするのか?が問題点となった。

最新のチタンフレームのトルザイトガイドにした場合、ガイド代だけでも8000円〜10000円を超す事になる・・・
じゃあ、ステンレスフレームにSiCガイドなら?
それでも6000円くらいは掛かるかな?

そんな会話から始まった、裏メニューのロッドリメイク話!

時は過ぎ、半年後・・・

やっぱり、あのロッドが・・・あのオートマチックフッキングが忘れられないようで・・・
ロッドリメイクが実行されることになった。

選択肢は、「任せる」とのこと(笑)
「しかし、出来るだけ安価にお願いしますw」
「それと、プロジェクトはオリジナルの『我道』をパロった仕様にして欲しいと・・・」
など条件付き・・・(笑)
まあ、コンセプトがはっきりしてる方が作りやすいので、注文を受諾した!!

つっきーが命名したプロジェクトは「我道」ではなく「邪道」!!

邪道プロジェクト開始!!
151108_052.jpg

つっきーが初期に購入したロッドとは・・・
あの伝説の入門ロッド!?
グッドパフォーマンスイイカンジロッド!!でおなじみの??
パゴスオリジナル「【ガレオン】 ロックブレード RB−70UL」だ!
ガレオン_ロックブレード『RB-70UL』.jpg

このロッドは、当時、メバリング・アジングロッドとして発売されており、それがアジングに使ったら思いのほか良かったので・・・と、第二弾が2011年にアジングロッドとして発売されたくらい激売れしたロッドだ!

では、このロッドをどうリメイクするか??

我道シリーズのパロディか・・・
パロディって事は模倣品って事か・・・
という事は、作り方は我道とほぼ同じでよいだろう。
変えるのはロゴだけで良いだろうw
しかし、自分で自分のオリジナルを模倣するって何だ?(笑)

じゃあ、妥協せず最新のガイドは採用する!
その方が、ガイド重量は断然軽いためブランク性能が活かされると考えた!
安価にする方法は、飾りに使うワインディングチェックを言うアルミのリングを減らしたり再利用したりして価格を抑える事と、今までに失敗したリールシートやグリップがあるので、在庫処分として使用する事で購入価格を抑えることにした!

つっきーからロックブレードを預かる。
久々に触ったロックブレード!
たしかに、あの価格で、この性能なら満足いくのではないかな!
事実、つっきーは、このロッドで始めたころ、良く釣っていたから・・・いま使っているロッドは4代目だが、釣果がついてきてないのも確かだw

151108_001.jpg
151108_002.jpg
151108_003.jpg
151108_004.jpg
151108_005.jpg
151108_006.jpg
151108_007.jpg
151108_008.jpg
151108_009.jpg
151108_010.jpg
151108_011.jpg
151108_012.jpg

最近のロッドに比べて今から7年前のロッド・・・
振ってみると、あきらかにティップが超柔らかく、ベリーが少しだるい感じだ・・・
しかし、だるだるのダメな感じではない!
ロッドビルドを始めてから解る感覚・・・
このブランク・・・安いガイドを付けているので、これを軽量なガイドに変えると、化けるかもしれないw

とりあえずガイドを外していく・・・
取り外したガイドを量ってみると・・・
151108_013.jpg
ガイド重量:6.32g

そして、今度はグリップとリールシートを外していく・・・
151108_014.jpg
151108_015.jpg
151108_016.jpg
ブランクに傷がつかないように慎重に・・・時には大胆にバキバキっとw

裸になったブランクの長さを決める。
つっきーは、6ft4inを希望したので、1930mmでカットする。
151108_017.jpg
151108_018.jpg

すべてを取り除いたブランクを紙やすりで磨き、塗装を全て取る!!
これで完全なる素のブランクが完成!!
気になる重量は・・・
151108_019.jpg
ブランク重量:29.78g(6ft4inで約30gのブランク)

これにリールシート、グリップ、アーバー、グリップエンド、ガイドなどを準備!
151108_020.jpg
151108_021.jpg
151108_022.jpg
ブランク:30g
リールシート+ブリップ+アーバー:22.5g
グリップエンド+エンドロゴ:7.8g
ガイド:1.8g
-------------------------
合計 62.1g

これに、ブランク塗装、スレッド、接着剤、エポキシコーティング剤などが加わるので・・・完成は70g前後かな??
100gアンダーのロッドに仕上げるのは余裕だw

今回の難所??エンドロゴ・・・パロディって事なので・・・
151108_023.jpg
こんな感じで作ってみた!
『裏THE FORCE JAPAN』のエンドリングに『邪道』のエンドプレートを作製!
つっきーに確認してみると、エンドプレートが、本物とより同じ感じに・・・と指摘された・・・

では、作り直しで・・・
151108_024.jpg
これならどうだ!!

部品が揃えば、後は組み立てていくだけw
プラモと同じ感覚だww

151108_025.jpg
151108_026.jpg

で、完成!!

151108_028.jpg
151108_027.jpg
変則2ピース仕様!!

151108_030.jpg
151108_029.jpg
151108_031.jpg
151108_033.jpg
151108_032.jpg
151108_034.jpg
151108_035.jpg
151108_036.jpg
151108_037.jpg
151108_038.jpg
151108_039.jpg
151108_040.jpg
151108_041.jpg
151108_042.jpg
151108_043.jpg
151108_044.jpg

■銘:邪道 石刃-SEKIJIN-
ロックブレードのリメイクとして、『ロックブレード=石刃』として名前を継ぐことにした!

■重量
151108_045.jpg
邪道 石刃-SEKIJIN- JDR-64SUC:67g

■重心
151108_046.jpg
すこし前重心だが、許容範囲だろう

■ベンドカーブ
151108_047.jpg
綺麗にティップが入り、ベリーに移動している!

■ベンドカーブ比較
151108_048.jpg
151108_049.jpg
151108_050.jpg
151108_051.jpg
これは、私の使用するライトロッドGDR−63S「Black night」との比較で、ブラックナイトの方が少し硬いようだ。
という事は、ブラックナイトより繊細なティップ!?
これはオートマチックフッキングは、そのまま継承されているだろうw

ブランクは持込みで、その他の部品類は購入価格で約¥13,000円程度
このリメイクが高いのか納得なのかは、つっきーの今後の釣果と、ロッドとの相性で決まるのかな!?

■スペック
邪道 石刃 -SEKIJIN- Ultimate Custom
型番:JDR-64SUC
全長:1930mm / 6feet4inch
重量:67g
ルアーウエイト:0.1g〜3g
適合ライン:1〜3lb
Custom Built by THE FORCE JAPAN
posted by TFJ at 13:34| 広島 🌁| Comment(0) |  └ ロッドビルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。