2016年02月07日

我道 GDR-59Ti『Sixth Sense』

s-我道_広告3.jpg
フィッシングショーに便乗して・・・と言う訳ではないがw
なんとなく我道シリーズのまとめ画像を作ってみたww
※販売目的で作っておりませんのであしからず

1年前に作った、メタルトップ製ロッドの進化版を作ってみた!

一年前に、メタルトップロッドの作製を行ったが・・・特にメタルトップの優位性を体感できなかった。
その後、メタルトップ製のロッドビルドは2作目、3作目と進み・・・
2作目は、マグナムクラフトの『LGL5922』に、チタンを175mm(1.5〜0.9mm)を合わせて、5f10inで作製し(GDR-510Ti 『Shooting Star』)、普通に使えるロッドは出来たが、フェネス専用と言う感じではなかった。
3作目は、実験用ロッドで、マグナムクラフトの『9026B #1』と言うB品を購入できたので、これを使い、チタン部を115o(1.5〜0.8mm)と、自分で削って少し極端なテーパー角を付けたティップを作製し、#2になるバット部〜グリップ部は、SGOさんから頂いた折れたPro4の廃棄品からテレスコ仕様のハンドルを作製した。(GDR-59-67W 『Orthrus』)
これはこれで、今でも使っているオールマイティロッドとなったが、やはりフィネス専用と言う感じではなかった。

そんな頃、マグナムクラフトからアジングに最適なブランクとして『AJXシリーズ』が販売された。
それならば・・・と、AJX5917,AJX5919と2種類のブランクを購入し、再度、メタルトップ製ロッドを作ろうと考えた。

カーボンソリッド製の、メイン機となるロッドも完成し、時間が空いたのでフィネス専用を作ることにした。

まずは長さをどうするか?
6フィート以下にしたいが、元のブランクのバット部を切りたくないし・・・
と言う事で、5フィート9インチ=69インチ(1752mm)と設定し、チタン部を170mmで、10mm埋め込みと設定した。

160206_002.jpg
160206_003.jpg
160206_001.jpg
チタンティップを継いだ重量が、約21g

160206_004.jpg
今回のアーバーは、パイプやロッド端材を利用して作った『カーボンミルフィーユ』15mmと、ハイブリッドアーバー半分をリールシート内で2か所止めにした見た。

160206_005.jpg160206_006.jpg
リールシートとブリップを接着し・・・

160206_007.jpg
160206_008.jpg
ガイドを付けてコーティング

今までと違う点は、前回作ったソリッドティップ製の「GDR-61S 『Black Moon』」から採用した、オリジナルのグリップエンド+エンドロゴを、今回のロッドにも採用してみた。
全体重量は上がるが、個人的に「とにかく軽ければ良い・・・」という考えより、全体バランスを取る方を重視するので、リール装着時のバランスを取りやすい事と、なんと言ってもオリジナリティが出るので採用した(笑)

160206_009.jpg
160206_010.jpg
マスター型を作製し、シリコンで型取りを行い、シリコン型にレジンを流し込んで作製する。

160206_011.jpg
160206_012.jpg
完成した樹脂製のグリップエンドは、約5g

160206_014.jpg
160206_013.jpg
化粧リング(0.76g)と、ロゴリング(1.65g)

160206_018.jpg
160206_019.jpg
160206_020.jpg
160206_021.jpg
160206_022.jpg
これらを組み立てる、こんな感じの仕上がりになる。
カウンターウエイトを増やしたい場合は、この中にステンレスワッシャ(@1.5g)が3枚まで入れる事が出来る。
160206_023.jpg
今回は、増量ウエイトは無しで、そのまま使う。(約10g)

160206_024.jpg
このグリップエンドを、ロッドに接着する。

160206_015.jpg
160206_016.jpg
160206_017.jpg
エンドロゴもオリジナルで作製する!(0.82g)

仕上がりは、こんな感じだ!
160206_025.jpg
160206_026.jpg
160206_027.jpg
160206_028.jpg
160206_029.jpg
160206_030.jpg
全体重量は60.22g
残念ながら60gを切る事は出来なかったが、まあこんなものだろうw
ちなみに、軽さを求めて作った1作目の「GDR-56Ti 『弧月』」は、47gと50gアンダーで出来ている!!
そう思うと、今回のロッドは重いな・・・

■ベントカーブ『GDR-59Ti Sixth Sense』
GDR-59Ti_ベントカーブ-s.jpg

■ベンドカーブ比較
GDR-59Ti Sixth Sense:AJX5919 + 170mm(1.2〜0.7Φ)
GDR-56Ti 弧月:LGS5917 + 170mm(1.5〜0.7Φ)
GDR-59Ti_GDR-56Ti_050g.jpg
GDR-59Ti_GDR-56Ti_100g.jpg
GDR-59Ti_GDR-56Ti_200g.jpg

GDR-59Ti Sixth Sense:AJX5919 + 170mm(1.2〜0.7Φ)
GDR-510Ti Shooting Star:LGL5922 + 175mm(1.5〜0.9Φ)
GDR-59Ti_GDR-510Ti_050g.jpg
GDR-59Ti_GDR-510Ti_100g.jpg
GDR-59Ti_GDR-510Ti_200g.jpg

GDR-59Ti Sixth Sense:AJX5919 + 170mm(1.2〜0.7Φ)
GDR-63S Black Night:LGL5919B + ST-SPT66F
GDR-59Ti_GDR-63S_050g-s.jpg
GDR-59Ti_GDR-63S_100g-s.jpg
GDR-59Ti_GDR-63S_200g-s.jpg

■スペック
我道 Sixth Sense
型番:GDR-59Ti
全長:1760mm / 5feet9inch
重量:60.3g
ルアーウエイト:0.1g〜3g
適合ライン:1〜3lb
ブランク:MagnumCraft AJX5919
ティップ:YOSHIMI 07-12-120(Titanium-Nickel合金)
ガイド:T-KLTG12H,T-KLTG8M,T-KBTG5.5,T-KTTG3.0*4個,T-LFTT3.0-0.8
Custom Built by THE FORCE JAPAN
posted by TFJ at 20:28| 広島 ☀| Comment(0) |  └ ロッドビルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。