2016年03月06日

我道 GDR-B611S『Freelance』

数年前からベイトフィネスでアジやメバルを釣る!と言うカテゴリがあった。
正直、特には興味はなかったw
それから数年が過ぎ、身近な人がベイトフィネスで遊んでいる事を知った。
その時も、正直、特には興味はなかったww
ただ、何度か話を聞いている内に、一緒に行く事になった。
そして一緒に行って触らせてもらった・・・
その瞬間!!
ビビっと来てしまった!!!

あえてベイトでライトゲームをやる意味?
特にない(笑)
少しは利点があるだろうが・・・スピニングで遊んでいる内に、その必要性を感じる事はないと思うw
じゃあ、なぜ、あえてベイトでライトゲームをやるのか!?

遊びだから!
趣味だからこそ、楽しければ何でも良い!

デカイのを追い求める!
数を釣る!
自分の釣り方に拘る!
とにかく釣れれば何でも良い!
自分で作ったもので釣りたい!

何でも良いのだ!楽しければw

だから、「あえてベイトタックルで釣る!」と言うのがあっても良いと思う。

バス時代に、さんざん使ったベイトタックル!
ベイトタックルを握ってキャストした瞬間に、あの時代の記憶が蘇ったようだった。
ベイトタックルでキャストしているだけで楽しいw

ただ、バスと違って1gアンダーのジグヘッドに、2インチ以下のワームで、極細ラインを使用するアジング・・・そのアジングに使えるベイトロッドを、どんなロッドで遊ぶのか!?

その時に使わせてもらったロッドを振ってみて、イメージがピン!と湧いてきた!!

と言う事で、自分なりのベイトフィネスロッドを作ることにした!!

いま持ってるブランクを使用して・・・こんなベンドカーブで、1g〜5gくらいが背負えて・・・
湧きあがったイメージが、どんどん膨らんでいく!
釣りから帰った時には、今あるパーツから足らない物を洗い出していた(笑)
ロッドは作るとして・・・ベイトリールが問題だ!?
まあ、そこは後から悩むとして・・・

まずはブランクの選択!
いまあるブランクからイメージに合うであろうブランクを選択・・・
ん〜こいつと、こいつはどんな曲がりがするのだろうか??
2本とも加工して比べてみるか〜

■ブランクのベンドカーブ比較
マグナムクラフト『PX5920』に、DESIGNO『S340XULR』を合わせた1本(赤)
マグナムクラフト『RX5925An』に、JUSTACE『ST-SPT66F』を合わせた1本(青)
PX5920+S340XULR&RX5925+SPT66F_000g-s.jpg
PX5920+S340XULR&RX5925+SPT66F_050g-s.jpg
PX5920+S340XULR&RX5925+SPT66F_100g-s.jpg
PX5920+S340XULR&RX5925+SPT66F_200g-s.jpg

■ブランク重量
『PX5920』+『S340XULR』=29.53g
『RX5925An』+『ST-SPT66F』=28.84g

この2本から選択したブランクは、先調子から始まり、負荷がかかると曲がるブランクのPX5920を選択!
160306_001.jpg
160306_006.jpg

ブランクが決まれば、後は部品が届くのを待って・・・
届いたら仮組〜
160306_007.jpg
160306_008.jpg

いままでのスピニングと違うのはリールシートとガイド!
リールシートは、バスの時に持ち慣れているが、作るのは初めてだ。
160306_002.jpg
160306_003.jpg
160306_004.jpg
グリップの位置や、長さの設定に悩む・・・
基本的にはスピニングと同じで良いかな?
グリップは少し長い方が良いかな!?
と言う事で、スピニングはリールフットから190mmにしているが、今回は210mmに設定!

各部の重量を量ってみる!
160306_010.jpg
グリップ部=62.51g
重量重視なら・・・
160306_009.jpg
53.48gまで落とす事は出来そうだが・・・
軽量化も重要だが、やっぱり遊び道具ならデザインも遊んでみるかな!

ガイドの選定と重量は・・・
160306_011.jpg
T-KGTT 3.5-0.8
T-KTTG 3.5 ×4個
T-KBTG 3.5 ×3個
T-KWTG 5.0
T-RVTG 6.0R
と、10個設定で、0.72g

160306_012.jpg
少しでも軽量化をするために、リアグリップを削って・・・
160306_013.jpg
2.5gの軽量化!

これらを組み上げて・・・
出来た重量が、90.62g
160306_014.jpg

■ベンドカーブ
GDR-B610S_ベントカーブ-s.jpg

このセッティングで試投しに出かけてみる!
このときに使用したリールが、スコーピオンDC!
バス時代にデジタルブレーキを体験するために購入した代物
あの時は、軽いものはブレーキが掛かり過ぎて投げ難かったが・・・
Sキャリーを装着すれば4g以上が設定できるから投げれるかも!!
とキャストしてみると・・・ブランクには問題ないが、やはりデジタルブレーキが効き過ぎて、まともなキャストが出来なかった・・・
ただ、キャスト時に気づいた事があった。
グリップのEVAを削ったのが間違いだった・・・スピニングは握ったままキャストするが、ベイトだと、私の場合キャスト時に3フィンガーから2フィンガー、もしくは1フィンガーに持ち変えるため、グリップ位置が変わるのだ。
そのためグリップを削ったので、グリップ長が足らなく・・・ブランクを握る事になってしまった・・・
そして、左手を添える時に、ハンドルの全長が足らなかった。
指3本分ほど長ければ丁度いいかな!?

と言う事で、帰ったら、速攻でハンドルを切り落とすw
160306_101.jpg

リアグリップを削ぎ落とし、新たなグリップを装着し、エンドグリップも新たに作製w
160306_102.jpg
そして、ハンドル部も30mmほど延長することにした。
これで重量が増すことになるが、キャスト時にストレスを感じるのは辛いので、重量を犠牲にしてでもカスタムしていく。

そして、また試投しに・・・
この時は、ベイトフィネスに触発されたITK氏も同行することになった!
この時に使用したリールは、カルカッタコンクエスト101・・・
SVSブレーキで、どんな感じでキャストできるか!?
160306_206.jpg
やはりSVSは安定している!
投げ慣れているからと言うのもあるが、ブレーキが常に掛かっているので、バックラッシュする心配がないw
SVSの設定は1個で、キャスコンは軸ぶれしない程度のブレーキがかかってない状態で、フルキャスト出来るが・・・飛んでいる間にブレーキが掛かり過ぎ失速しているのが解る・・・
グリップ長やハンドルの長さはギリギリだが良い感じになった!

帰ってから、感じた事を実践する・・・
それは、ガイドシステムの組み換え!

ライトブランクだと、ベイト仕様のブランク上部にガイドを設置した状態で、負荷が掛かるとブランクよりラインが越えて・・・最終的にガイドが下向きになろうとブランクが捻じれる・・・
それならば・・・と、スパイラルガイド仕様に組み替えることにした!
スパイラルガイド・・・ベイト仕様のガイドで上部から始まり、バット側から2番目〜5番目のガイドを45度ずつ回転させ、下部の位置に回転させ、ティップ部はスピニングと同じように下部に設置するガイドセッティングだ。
160306_301.jpg
こんな感じかな〜と、感覚でやってみたw

ハンドルを30mm長くした事で、最終的な長さが6feet11inchになってしまった・・・

そして最終的に選んだリールは・・・
160306_201.jpg
160306_202.jpg
160306_203.jpg
160306_205.jpg
16アルデバランBFS XG[ALDEBARAN BFS XG]

このリールは凄い!
カルコン101のフルキャストの距離を、このアルデバランBFS XGで軽く振っただけで超してしまったw
シマノが久々に作ったマグネットブレーキ!
このリールに慣れて、フルキャスト出来るようにならなければ!!

■我道 GDR-B611S『Freelance』
フリーランス・・・自由騎士、組織に属さない、傭兵、自由気ままに・・・
と言う事で、遊びのロッドとして銘々!!
160306_302.jpg
160306_303.jpg
160306_304.jpg
160306_305.jpg
160306_306.jpg
160306_301.jpg
160306_307.jpg
160306_310.jpg
GDR-B610S_ベンドカーブ(スパイラル)-s.jpg
■スペック
我道 Freelance
型番:GDR-B611S
全長:2115mm / 6feet11inch
重量:97.5g
ルアーウエイト:1g〜7g
適合ライン:PE0.2〜0.5号
ブランク:MagnumCraft PX5920
ティップ:DESIGNO S340XULR
ガイド:T-RVTG6R,T-KWTG5,T-KBTG3.5*3個,T-KTTG3.5*4個,T-KGTT3.5-0.8
Custom Built by THE FORCE JAPAN
posted by TFJ at 22:46| 広島 ☁| Comment(2) |  └ ロッドビルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント失礼します。
すごいですね!
自分もベイトでライトゲームしてます。16アルデバランつかってますが、このリールの登場により、やってみる方も増えると思います。ですがロッドがあまりにも少ないし、いい商品がすくないな〜感じております。

自分でイメージを形にできる技量があってうらやましい!笑
販売はしてないのですか?
Posted by s_low at 2016年03月13日 21:29
s_lowさん、
コメントありがとうございます。
ベイトフィネスがソルトに転用され、徐々に広まっていますね!
各社のリールも進化し、3gくらいあれば問題なくキャスト可能になってきました!場合によっては1gでも・・・
ロッドも、各社これからどんどん出てくるのではないでしょうか?

私の自作ロッドは販売をしておりません。
ロッドビルドで自分のロッドを作るのは責任がないから自由な発想で出来ますが・・・
販売となると、クオリティの問題や、思い描いたものが1回で出来るかが解りませんので・・・
ロッドビルドは、決して安く作製出来るものでもなく・・・部品代で、そこそこのロッドが買える金額になってしまいます。
ただし、私が作ったロッドを実際に触って納得された方には作ることもあります。

もし、自分や身近な人に作る事が好きな人が居たら、ロッドビルドをお勧めしますよ!
こだわらなければ、プラモデル感覚で作れますw
ただ、1本作ると、ビルドの無限ワールドにハマってしまう可能性がありますけどwww
Posted by TFJ at 2016年03月13日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。